穏やかに捨てる日記。

日々の片付け&断捨離等、体験に基づいて書いていきます。

産後うつ。

 

先日、書いた記事の、

 

www.odayakanisuteru.work

 

マシンガンズ滝沢さんが新聞に載っていました。


f:id:suzumenohakama:20190606213825j:image

(中日新聞です。)

 

新しい本(エッセイマンガ)は、ゴミ清掃員の日常の話でしたが、

本には、途中、産後うつになってしまった奥さんの話も載っていました。

新聞の記事は、その部分をフォーカスした内容でした。


f:id:suzumenohakama:20190606213804j:image

 

エッセイマンガでは、奥さんが産後うつになり、子供を抱っこできなくなり、

入院してしまうという衝撃的な内容でしたが、

 

偶然、

最近、同じような内容の本を図書館で借りて読んでました。

 

あらいぴろよ著

「ワタシはぜったい虐待しませんからね!」
f:id:suzumenohakama:20190606214446j:image

 

私は産後うつになりませんでしたが、

育児していて、私もモヤモヤしていた事が

分かりやすく書いてあります。

 

「だよね~!わかる!わかるよ!(泣)」と、

 

産後うつになってしまうのは、仕方がないなと、本当に思いました。

 


f:id:suzumenohakama:20190606214926j:image

我が子の泣き声に反応する母性と、自分の生命維持装置の

相反するスイッチが、競り合って

 


f:id:suzumenohakama:20190606215538j:image

 

滝沢さんの奥さんも、子供が泣くのに、体が動かないって状態になってしまったんだな…と、思いました。

 

出産直後から、いきなりお母さんは睡眠不足と戦うことになります。

実家に里帰りしていた私も、本当に、厳しいと思いました。(´д`|||)

 

あらいぴろよさんは、旦那さんとの育児の温度差についても書かれていました。

 

ぴろよさんは「母」という本能に反応して動いているのに対し

旦那さんの育児の関わりかたに物足りなさを感じるようで、(私もそう思ってた…。)

 

夜、赤ちゃんが泣いても起きない(目が覚めない)旦那さんにイライラ。

 

私も実際、あんなに寝不足なのに赤子が泣いたら起きてました。(旦那は寝てた。)

今でも、子供がもぞもぞすると目が覚めちゃうし(鼻血だったり、トイレだったり、毛布被せたり。)

 

旦那は寝てますけど。

 

私の母センサーはまだまだ健在です(´д`|||)

本当は寝てたい。

 

最近見ているドラマ「記憶」に出てくる

中井貴一演じる弁護士と、(女優さんの名前出てこない!)さん演じる元奥さんの

やり取りが、父親と母親の違いを凄く感じさせて、毎回切なく見ています。

 

私も最近、また、旦那さんとの育児や家事の温度差を感じてモヤモヤしていますが(共働きになったため)

また今度、愚痴ってしまうかもしれません(爆)