穏やかに捨てる日記。

日々の片付け&断捨離等、体験に基づいて書いていきます。

読了:私の頭が正常であったなら

山白朝子著
f:id:suzumenohakama:20180413081702j:image

痛く切ない短編集です。

山白朝子さんて、お名前初めてだったので何も情報が無いまま読み始め、

読み終わった頃には、「ああ、ヤバい。この人の作品好きだ…」ってファンに。

他の作品も読みたい!と早速ググっていた私に走る衝撃Σ(-∀-;)

 

マジか。

 

完全に女流作家さんだと思っていた。(女流作家さんが特に好きなので)

 

「私の頭が正常であったなら」

このタイトルだけで、切なさが伝わってきます。

8つの短編からなる作品集なのですが、すべてが切なく痛い。喪失感に溢れる。

表題の、私の頭が正常であったなら…。

私の頭がおかしいならそれでいい…でも頭が正常だったら子供が助けを呼んでるかもしれない、幻聴なのか?正常なのか?

 

「子どもを沈める」はイジメはいかんと思うし、「首なし鶏夜を行く」は読んでて、まわりは何も出来なかったんだろうかと、感情移入。

痛すぎる話も多いけど、ファンタジーもたくさん。

読み終わったのに、ずっと心に引っかかってしまう、凄い本でした。


f:id:suzumenohakama:20180413085111j:image

不二家さんでケーキを買って皆で頂きました(*´ω`*)